大人ニキビ29歳

現在29歳の主婦です。
2年ほど前から大人ニキビができるようなりました。それまで思春期のころを含めてもあまりニキビに悩んだことはなく、肌がきれいだと友達からも褒められることもよくあり、自分のなかで唯一といってもいいほどの自慢の肌でした。
しかし、27歳になったころから、おデコ全体ににプツプツと小さなニキビができ始め、治っては新しいニキビがまたできる、と、常にニキビに悩まされるようになりました。
当時、仕事が忙しく、常にストレスが溜まっている状態だったので、それが原因の肌荒れだと思っており、特になんの対策もしていませんでした。しかし、その仕事を契約満期で退職することになり、職場でのストレスからも解放されたのにも関わらず、ニキビは治ることなく、おデコ以外にも顎まわりにも大きめのニキビができるようになってしまいました。このころに始めてそれが大人ニキビであると思い、大人ニキビに効くサプリメントを飲み始め、洗顔料や化粧水もニキビ用のものに変えました。しかし、それでもニキビは治リませんでした。大きいニキビができてしまった時は、それが治ってもニキビ跡となってしまい、シミのように残ってしまうのがショックでした。
そんなとき、新しい職場の先輩も同じような大人ニキビに悩んで皮膚科に通ったことがあると、教えてもらい私も皮膚科に通うことにしました。
皮膚科で処方されたのはベピオゲルとダラシンTゲルの二つの塗り薬と、ホルモンバランスを整える漢方薬でした。漢方薬は私の体に合わなかったので、塗り薬だけを使い続けてみることにしました。
この二つの塗り薬、特にベピオゲルは効き目が強い代わりに刺激もあるということで、副作用として、肌が赤く荒れてしまうけど、それでも使用は続けてくださいと言われ、使用に少し抵抗がありました。そして言われた通り、少し乾燥や肌荒れが気にはなるときもありましたが、結果、2ヶ月ほどの使用で、大人ニキビがだんだんなくなっていきました。
今はもうこの塗り薬は使用していませんが、できるだけニキビができない生活習慣を心がけています。

“大人ニキビ29歳” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です